バルコニー日和

なんとなく幸せな日々のよしなしごと

ウクレレのこと

ウクレレを習っています。

 

昨年いまの家に越してきて、やっと落ち着いた頃に何か趣味でも始めたいなと思って近所のウクレレ教室に行ったのがちょうど1年前。

月に3回、プライベートレッスンに通っています。

 

もともと特にウクレレに興味があったわけではないのですが、なにか楽器がやりたいなと思ったときに

・マンションでも気兼ねなく練習できる

・持ち運びができる

ものがいいな、と思ったのです。

 

f:id:emilin_balcony:20211028203757j:image

フルートは音が大きいからマンションだとちょっと気が引けるし(かじったことあり)

ヴァイオリンやチェロだと消音器を使わないと音が結構大きいし(こちらもかじったことあり)

ウクレレなら音の大きさを調節できるし、弾き語りもできるから歌が好きな私には一石二鳥かな?という消去法です。

 

先生に薦められたソプラノウクレレを購入して月3回1時間のレッスン。

家でもちょっとしたときに手に取って弾いています。

練習をしっかりしていないせいとはいえ思っていた以上に上達しなくて泣きそうにもなりますが、ちょっとしたすきま時間にぽろぽろっと弾いたりできるのはウクレレのいいところかなと思います。

軽くて小さいので持ち歩くのも楽だし、ウクレレを選んで正解でした!

 

いつか夫の楽器(ピアノかベースかギター?)とセッションができたらいいなと夢見つつ。

 

今週末は少人数での発表会。

3曲弾く予定なので今から緊張していますががんばります!!

【レンジでかんたん】おいしい焼き芋の作り方

パルシステムで購入したさつまいも。

お野菜のセットで3本入っていたのですが、お料理では1本しか使わなかったので2本余ってしまっていました。

母に相談したところ「さつまいもの甘煮にすれば?」と言われましたがそんなに甘煮は好きなほうではないので「うーん…」と口ごもると

「それなら焼き芋にしちゃえばいいじゃない」とのこと。

 

焼き芋って石で焼くものじゃないの?

なんかめんどくさそう……

 

と思いつつ聞いてみると、なんと電子レンジでかんたんにできるのだとか。

 

1.さつまいもをよく洗う

2.キッチンペーパーでくるくる巻いて、キッチンペーパーごと水でたっぷり濡らす

3.2.をラップでくるむかビニール袋に入れる。

4.電子レンジの600Wで1分半~2分、200Wで10分あたためる

 

これだけ!あっという間です。

 

レンジから出すとこんな感じ。

あつあつなのでしばらくそのまま冷ましておきました。

(今回はラップを切らしていたのでビニール袋を使用)

f:id:emilin_balcony:20211027200540j:image

 

 

粗熱が取れてからビニールから出し、キッチンペーパーをはがしてみます。

本当にほっくほくの焼き芋が仕上がりました。

f:id:emilin_balcony:20211027200534j:image

手で半分に割ったので割り口が汚くてすみません。

 

これからはさつまいもが余ったらこの方法で焼き芋にしようと思います!

ここからさらに潰してポテトサラダやスイートポテトにするのもよさそうですね。

 

まずは1本試してみたので、残りのもう1本でも作ってみようっと。

マンションに入れない!

今夜、帰宅して鍵を出そうとしたらキーケースにオートロックの鍵がありませんでした。

どうやら鞄を変えたときにキーケースからすべり落ちてしまったみたい。

うっかりしてしまいました。

 

夫は出勤中。

しかも、トラブルがあったとかで遅くなるという連絡が来たばかりでした。

 

とりあえず夫に連絡を入れてみたところ「一度戻ろうか?」と言ってくれましたが、夫のいる場所からは急いで戻っても40分以上。それ以上に、トラブルが起きている状態なので来てもらうのは申し訳なさすぎる。

 

夫の帰宅までどこかで時間をつぶすことも考えましたが、今夜は『学校へ行こう!』生放送3時間スペシャルの日。

熱烈なファンだったわけではないけれど、昔から好きだったグループなのでV6解散前の最後の生放送はぜひ観たかったのです。

ふだんテレビを観ないのに、こんな日に限って観たいテレビがあるなんて。しかも録画予約もしていない。

 

絶体絶命。

 

しばらくマンションの玄関前ロビーで途方に暮れていたところ、たまたま顔見知りの方がマンションの中から出て来られました!

簡単に事情を話してささっと中へ。

 

オートロックさえ通れれば我が家のドアはキーレスの電子錠なので安心。

やっと中にはいれ、安心して『学校へ行こう!』を観ています。

 

改めて、鍵を持っているかどうか、必ず確認してから出かけようと心に決めました。今回は偶然お知り合いが通ったからよかったけど、そうでなかったら鍵を持たずに入り込もうとするなんて不審者としか思われないですもんね。

 

そして、部屋のドアがキーレスなことに心から感謝。

もともとは鍵式なのですが、前に住んでいた方が電子錠に替えていたため暗証番号だけ変えてそのまま使わせていただいているのです。助けられました……!

 

いつかオートロックもキーレスになってくれないかなぁ…。

(それよりも鍵を忘れないことが大事ですね)

旅した気分になれる本たち

今週のお題は「読書の秋」。

 

子供のころから、本は書店で買う前に図書館で借りる派でした。

買ってしまえば場所も取るし、整理整頓が大の苦手なのでできれば気に入ったものだけを身の回りに置きたい。本は読んでみないと気に入るかどうかがわからないので、まず図書館で読んで試せるというのはとってもありがたいシステムです。

 

これまた読みたいな、と思ったら購入して何度も繰り返し読みます。

 

本屋さんにカフェが併設されているところも増えていますよね。最初に見つけたときはなんて夢のような場所!と嬉しくなりました。大好きなコーヒーを飲みながら本を選べるなんて幸せ。

 

図書館では新刊は見つけにくいし、逆に発行から時間が経っていると本屋さんにはなかったりするので、図書館と本が読めるカフェ、どちらも愛用しています。

 

最近は世の中の事情もあって旅に出る機会が減った分、旅気分が味わえる小説やエッセイをよく読んでいます。

旅をした気分になれるお気に入りの本をいくつかご紹介しますね。

 

『イギリス海岸』木村紅美さん(小説)

イギリス海岸といえば岩手県花巻市北上川宮澤賢治が名付けた場所です。

岩手を舞台にした優しい雰囲気の短編集で、読むと岩手に行きたくなります。

福田パンじゃじゃ麺が食べたくなる本でもあります。

 

『旅屋おかえり』原田マハさん(小説)

訳あって旅に出られない人の代わりに旅をする「旅代行」を請け負うアラサーの元タレントの物語。さまざまな出会いがあるなかで、ほっとあたたかい気持ちになれる小説です。旅代行なんて仕事があるなら私もしてみたい。

原田マハさんのお話はどれも面白いけど、中でもお気に入りの一冊です。

 

『ときどき旅に出るカフェ』近藤史恵さん(小説)

カフェも旅も大好きな私にはツボなお話!

元同僚がはじめたカフェに偶然立ち寄った37歳の主人公。世界各地を旅行して出会ったいろいろなスイーツが提供される素敵なカフェです。ちいさな事件がちょっとずつ起きて、謎解き要素もあって引き込まれます。

旅に出たい気持ちとカフェに行きたい気持ちの両方が高まってしまう小説。

 

『美しいものを見に行くツアーひとり参加』益田ミリさん(エッセイ)

40代のうちに行きたい場所、見たいものへの憧れを叶えるためにいろいろなツアーにひとりで参加する著者。北欧のオーロラ、ドイツのクリスマスマーケット、フランスのモンサンミッシェルなど、一度は行ってみたい場所ばかり。文章も読みやすく、自分も一緒に旅している気分になれます。

 

『旅ドロップ』江國香織さん(エッセイ)

江國さんは初期の小説「きらきらひかる」や「ホリー・ガーデン」などの透きとおる印象のお話が大好きで、一時はまった作家さんです。

旅先でのちょっとした心のゆらぎや好きなものを彼女特有のみずみずしい文章で綴った、まさに”ドロップ”という表現がふさわしい印象のエッセイ集です。

個人的には、眠れない夜にぱらぱらめくるのに最適。石田ゆり子さんのエッセイと並んで深夜に出番が多い一冊です。

 

おすすめを書いていたら読書欲が高まってきてしまいました。

今夜はなにを読もうかな。

1年ぶり(もっと?)のホームパーティー

先日、1年ぶり以上(いつ以来かはっきりとは覚えていないくらい久しぶり)に友達3人が家に来てくれました。

 

会おうという話が出るたびに感染者が急増して、その都度誰かが「もうちょっと落ち着いてからにしない?」と言って流れに流れていたのです。

やっと感染者も減ってきて緊急事態宣言も解除されたので、1年以上できなかった4人分のお誕生祝いをしようという話に。

わが家に来たいと言ってくれたこともありお招きすることにしました。

 

自慢じゃないですが私はそんなにお料理が好きなほうではなく、毎日の食事の支度も夫にお願いすることも多め。お掃除や片付けも苦手です。

それでも家に人を呼ぶのは好きなので、メニューを一生懸命考え、何回も買い出しをして張り切ってお出迎えしました。

 

当日のメニューは

・クリームシチュー

・スモークサーモンのコールスローサラダ

・柿とモッツァレラチーズのサラダ

・牡蠣のアヒージョ

・シトロンブラウニー

 

シチューやアヒージョ、ブラウニーは前日から準備。

それ以外にソーセージ、オリーブ、ナッツ、ビールやワイン、アイスハーブティー、近くの有名なケーキ屋さんのケーキ類などを準備してお出迎え。

ペーパーナプキンも秋らしい可愛いものを探してきました。

 

我ながらがんばった!!

f:id:emilin_balcony:20211024201418j:image

 

その甲斐あってか、みんなおなかいっぱいになってくれたようです。

よかった~。

 

友達と集まるの自体久しぶりすぎて積もる話が多く、あっという間に時間が過ぎていきました。お酒を多く用意しすぎてたんまり余ってしまったのでまた近いうちに飲もうね、と約束して。

 

また次の機会がすぐに来てくれますように。

今度は何を作ろうかな。

帝国劇場へ!ナイツテイル観劇

帝国劇場まで、ミュージカル『ナイツ・テイル』を観に行ってきました。

f:id:emilin_balcony:20211023222446j:image

井上芳雄さんと堂本光一さんが主演のミュージカルで、2018年以来3年ぶりの再演。

シェイクスピアの『二人の貴公子』という喜劇を下敷きにしたお話です。

 

舞台は古代ギリシャ

端的に言えば従兄弟同士の2人の王子が敵国の1人の女性を巡って争う話…なのだけど、ふたりともものすごく仲良しで肩を抱き合って友情を語り合ったと思ったらカッとなって戦い出したりして、劇中の台詞を借りれば『宿敵がまたとない友』。短絡的だけど愛すべきキャラたちです。

 

気楽に楽しく観られるコメディで、観た後に幸せな気持ちになれるのが何より好き。

 

光一さんファンなのでついつい光一さんを目で追ってしまうのだけど、どのキャラクターも生き生きしていて引き込まれます。

 

帝国劇場では感染予防対策として

・半券は自分で切る

・入退場時の消毒

・ロビー、客席ともに飲食禁止

・ロビー、客席ともに会話禁止

・規制退場

が徹底されているので安心して観劇を楽しむことができたのもよかったです。

 

声は出せないけど最後のカーテンコールでスタンディングオベーションができたのに感動!!

 

配信ももちろんいいけど、生の舞台を同じ空間で肉眼で観られる嬉しさを久しぶりに味わえました。

 

行けてよかった!!

久しぶりのホームパーティー!準備中

約1年ぶり?もっと?

 

そのくらい久しぶりに友達が家に来てくれることになりました。

嬉しくてメニューをあれこれ考えて

前の日からシチューを煮込み、

チョコレートブラウニーを焼いて

ワインやビールもたくさん買い込んできました。

バタフライピーのお茶も作り置き。

 

張り切ってお花も盛り盛りに

買ってきてしまいました。

 

f:id:emilin_balcony:20211022212309j:image

 

準備をしたいのに

れもんちゃんが甘えてきて、

しかもお昼寝を私の手ではじめたので

ちょっと焦っています。

 

あいにく真冬のようなお天気なのですが

楽しんでもらえたらいいな。

 

考えたら友人と会うの自体ものすごく久しぶりです。

興奮しすぎてうまく喋れるかも心配。

 

とっても楽しみです。